読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノノフ日記

普通の日記です

twemproxyのベンチマークを測定してみました

追記

Twitterで計測方法について@bulkneetsさんからフィードバックいただきました。 ありがとうございます。

今出してるベンチの数値はCPU使用時間のベンチになっているため、プロセス間通信は反映されていないためご注意ください。 今度はリモートサーバー環境でBenchmark.pm使わずに試してみたいと思います。

元記事

twemproxyのベンチマークを測ってみました。100000回 set/getをするだけのベンチです。

ベンチマークスクリプト (perl)

ベンチ結果

Benchmark: timing 100000 iterations of memcached, 
redis, redis_pipelining, twemproxy_memd, twemproxy_redis...
memcached:  8 wallclock secs ( 0.85 usr +  2.39 sys =  3.24 CPU) @ 30864.20/s (n=100000)
redis: 13 wallclock secs ( 6.18 usr +  3.04 sys =  9.22 CPU) @ 10845.99/s (n=100000)
redis_pipelining:  9 wallclock secs ( 4.31 usr +  2.24 sys =  6.55 CPU) @ 15267.18/s (n=100000)
twemproxy_memd: 16 wallclock secs ( 0.98 usr +  2.81 sys =  3.79 CPU) @ 26385.22/s (n=100000)
twemproxy_redis: 22 wallclock secs ( 6.86 usr +  3.32 sys = 10.18 CPU) @ 9823.18/s (n=100000)
perl twemproxy_benchmark.pl  28.26s user 196.37s system 79% cpu 4:42.90 total

まとめ

  • twemproxyを挟むと直接接続するときと比べて約20%ほど性能は落ちる
  • 複数台のmemdを管理するコストが無くなるメリットと比べると大した速度低下ではない気はする
  • redisはpipelining使う方がやっぱり速い